子守を歩行器に任せてしまっていはいませんか?

24時間、赤ちゃんのご機嫌を見ながら子守をしなければいけないのは、とても大変ですよね。
それはよくわかります。
でも、歩行器があれば赤ちゃんはご機嫌だし、勝手に遊んでくれるから、少しの間だけでもホッとできる・・・
そんな風に思っていませんか?
それはとても危険です!

歩行器を使っているから安心・・・というのは全く逆で、歩行器を使っている間は絶対に赤ちゃんから目を離してはいけません。
赤ちゃんはこちらの予想とは全く異なる動きをします。
そのため、周辺のものや家具などにぶつかって歩行器ごと横転・・・という事故は珍しくないのです。
特に赤ちゃんの好きそうなキャラクターの飾りがついている歩行器や、通販で販売されている安価な歩行器は要注意です。
決して目を離してはいけません!

どうしても歩行器を使うのであれば安心して使えるものを!

赤ちゃんの成長にとっていちばんいいのは歩行器を使わないことなのですが、どうしても必要だという場合は、赤ちゃんの安全を第一に考えた歩行器を選んでください。
具体的には、「SGマーク」がついたものを選んでください。
SGマークというのは一般財団法人製品安全協会が厳しい審査基準をクリアした歩行器だけに認定する、「安全な」歩行器の証です。
SGマークのついた歩行器は安全な反面、つくりが頑丈なので値段的には若干高いのは事実です。
ネット通販などでは歩行器は安いものだと3000円程度から買えますが、そうした安物には決して手を出さないでください!
数千円をケチったおかげで赤ちゃんが大けがをするかもしれないのです!

そして、歩行器を使う時は、赤ちゃんから目を離さず、使う時間は短時間に留めてください。
決して1日じゅうつけっぱなしにはしないように!

連絡先

相互リンクなど
ご連絡は
info☆houkiboshi.com
(☆を@に変えてください)